最近よく耳にする家族婚とは?人気が上昇している理由や役立つ雑学を紹介

当サイトは最近よく耳にする家族婚とはなにか、人気が上昇している理由や役立つ雑学をご紹介しています。
一般的な結婚式とは異なったウェディングを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみて下さい。
アットホームな雰囲気が魅力であるのが、家族を中心とした結婚式の特徴です。
一人ひとりに感謝の気持ちを伝えることが可能な結婚式をしたい場合に向いているでしょう。
気持ちが伝わる素敵なウェディングを希望する人におすすめできます。

最近よく耳にする家族婚とは?人気が上昇している理由や役立つ雑学を紹介

近年話題の家族婚が気になるという人は多いのではないでしょうか。
家族を中心とした少人数でおこなう家族婚は、沢山のゲストを招待した大規模なウェディングをしたくない人から支持を集めています。
アットホームな結婚式のニーズが高まっているので人気があります。
知っておきたい雑学には、家族のみでも結婚式らしい内容にするほうが記念になる機会にできるということが挙げられます。
少ない人数ならではの演出を取り入れるのがおすすめです。

家族婚とは家族や親族だけを招待して行う少人数の結婚式

家族婚とは、家族や親族だけを招待して行う少人数の結婚式を指します。
結婚式では例えば会社の上司とか学生時代の恩師などを主賓とし、その他にも同僚とか友人などを大勢招くこともあるわけですが、家族婚とはそれとは対極にあるものということもできます。
もちろんどのような式を挙げるかは新郎新婦の判断ですし、その意味では結婚式さえも儀式に過ぎませんから必須とは言えないわけですが、昔に比べるとこのような小規模なものが増えていることは事実です。
これは単に費用の問題もあるかもしれませんし、考え方というか生き方の問題とも言えます。
そんなに多くの人に集まって祝福してもらうような必要性を感じないというか、そんなことをしてはむしろ後々になって煩わしいと思う人もいるわけです。
人数が多いといくらご祝儀が期待できるとはいえそれだけお金もかかりますし、会場の選定とか種々の段取りの調整も大変になりますから、そこに意味を見出しがたい人もいることは間違いありません。

家族婚の場合は披露宴ではなく食事会にするパターンもある

冠婚葬祭を派手に行うのは好きではない、家族だけでシンプルにとり行いたいという考えの方が増えており家族婚という形を選ぶカップルが増加傾向にあります。
社会情勢や経済的な背景などいろいろな側面がある中で、結婚式をシンプルに済ませてその後の生活にお金を使いたいと考える人も多いです。
また家族や親類のみで行う家族婚は、結婚式場を借り披露宴を行わずに食事会だけにするパターンもあります。
これなら、気負わずに近しい家族だけで美味しく食事をすることができますし家族や親戚全員にパートナーを紹介することもできます。
結婚式場を借りて結婚式をあげるとなると、何かと準備が大変でストレスや疲労もピークに達することがありますが、それでカップルが不仲になったりすることも多いのが実情です。
時間やお金をかけずに、またストレスをためない方法として家族婚を選択するというのも一つの方法です。
食事会だけでも、心をこめて行えば十分に良いものにすることができますので予算や時間の関係で披露宴が難しい方には適した方法です。

家族婚であれば配席の順番はシンプルで考えやすい

盛大に行われる一般的な結婚式の座席の配置には多くの人が頭を悩ませるものですが、家族婚であれば参加者が少人数であることでシンプルに決定することができて考えやすいというメリットがあります。
参列者が数十人から場合によっては百人を超える結婚式の場合には、新郎側と新婦側のそれぞれに親族席や招待した職場関係、友人席などを配置してくという膨大な作業があり、人間関係や人数バランスなども考慮していかなければならないものですが、家族婚であれば基本的に考え方はシンプルで済みます。
中央に新郎新婦が座り、その両側から両親と兄弟や姉妹、そして招待しているのであれば親族や親しい友人という配席となります。
多くても10人を少し超える程度の人数となりますので、順番に悩むこともなく決められるので安心感があるといえるでしょう。
このように配席の順番でも、事前準備に関係する煩雑な作業や悩みを持たなくて済むという点も、家族婚を行う大きなメリットとなります。
家族婚は、よく知っている人同士のみが参加する、アットホームで和やかな場となることが期待できます。

家族婚でも引き出物は必要なのでしっかり準備するのがお勧め

コンパクトで家族だけで執り行う家族婚は、派手な冠婚葬祭を避けたい方たちの間で人気を集めています。
家族婚というと、家族だけで結婚式を行う事が出来るので気も使わずに済みますし料金もリーズナブルです。
良いところばかりに見えますが、引き出物の用意は親しき仲にも礼儀ありですので用意しておくようにしましょう。
準備は簡単ですし、人数も親族だけなら少なくて済みます。
これが会社関係や友達まで呼ぶとなると、結構な金額や手間がかかりますがそれも必要ないので家族婚は準備もスムーズです。
引き出物も、最近はネット通販で気の利いたものを用意できるサイトもありますので忙しいカップルはそうしたサービスを利用するのも良いでしょう。
家族婚は、親族や家族のみが招待される結婚式の形でありアットホームな雰囲気で過ごすことができます。
誰を招待するかなどでもめることもありませんし、あたたかい雰囲気で式を挙げたいカップルに最近人気のスタイルです。

家族婚なら新郎新婦も普段通りリラックスして楽しめる

結婚式の打ち合わせをしているカップルの間で、招待客の人数や席をめぐって喧嘩になったりトラブルになる事は意外と多いです。本来は新郎新婦のためのものである結婚式を、終始リラックスした状態で執り行いたい方の間で家族婚という新しいスタイルが人気を集めています。
家族だけで執り行う結婚式は、比較的新しいスタイルではありますが?結婚式を好まない家族の間では以前から行われていたものです。メリットとしては、料金がリーズナブルになることもありますが新郎新婦が終始リラックスした気分で式に集中することができる点が大きいです。
もちろん親族も余計な緊張する必要もなく、結婚式を楽しんで集中することができるメリットがあります。家族や親族等近しい間柄の人しか招待されませんので、大切な人の人生の節目を緊張することなく楽しめるところが支持されています。緊張しやすい新郎新婦の方は、家族婚という結婚式のスタイルを選んでみてはいかがでしょうか。

家族婚は密集を避けることができる

変化の激しい世界情勢から、密集を避ける会合が推奨されていますがそんな中で注目を集めているのが家族だけでとり行われるコンパクトの家族婚です。そのメリットとしては、大勢が集まることがないので感染症対策にもなりますし家族だけで絆を深めることができる、などメリットがたくさんあります。
密集を避けることで、様々なウィルスや菌などの感触や感染を防ぐことができますし小さな子供やお年寄りがいても安心して参加することができます。基本的には家族だけが参加することができる式ですので、誰かに気をつかう必要もありませんし家族水入らずで楽しいひとときを過ごすことが可能です。
特に、高齢者や小さな子がいる家庭では、必要以上に過密状態になっている場所をさける傾向にありますが家族婚はそうした背景がある人にも最適なスタイルです。結婚式をよりあたたかく無駄のない形で行いたいなら、近年人気を集めている家族婚にしてみてはいかがでしょうか。

家族婚ならゆっくり写真撮影できる

家族婚とは家族やごく限られた範囲の親族くらいを招くだけの小規模な結婚式のことですが、写真撮影をゆっくりできることは間違いありません。というか別に写真がメインの理由ではなく、家族婚では出席者に気兼ねしたりする必要がほぼ無いと言えますので、その分様々なことに融通が利きやすいのがメリットになります。これが、例えば会社の偉い上司とか教授など学生時代の恩師を主賓に招いていたりするとどうでしょう。
当然、彼らや彼女らには粗相のないようにしなければなりません。新郎新婦など主催者側の都合でそのようなお偉い方々を振り回すなどもってのほかとなります。もちろん相手が家族だからと言って無碍にして良いわけではありませんが、気安さが全く違うのは誰でも納得できることです。ただし会場の都合は考えておく必要がありますので注意しましょう。会場のスタッフなどには必要以上の迷惑をかけたりすることのないように注意しなければなりません。

家族婚は比較的準備が少なく精神的な負担も少ない

結婚式を家族水入らずで行いたいと言うカップルの間で、家族婚という新しい式のスタイルが流行しつつあります。冠婚葬祭全般に言えることですが、家族の絆を見直しなるべくコンパクトに行いたいという方は増加傾向です。そんな方たちの間で人気の家族婚ですが、家族だけを招待するということで比較的準備もシンプルで時間や経済的な余裕が生まれます親族や会社の人などを招待する場合には、気をつかいいますし神経をすり減ら減らして疲れてしまうことが少なくありません。
実際、結婚式の準備をしている際にカップルの不仲になる確率が非常に高いです。ですが、家族だけで執り行う家族婚ならそうした神経をすり減りも少ないですし準備も比較的シンプルです。
気をつかう必要はありますが、必要以上につかう必要がないのが家族のみを招待する家族婚の良いところでもありますし精神的な負担も少ないです。もちろん、費用的にも安くなりますのでその後からの新婚生活に回すことが出来るのもメリットです。

家族婚でも親しい友人を呼ぶことがある

様々な世界情勢や経済の変化などに伴い、家族の絆が見直されつつある背景から家族婚と呼ばれる結婚のスタイルが人気となっています。基本的には家族や親族のみで行われるシンプルなスタイルの結婚式ですが、そんな中でも親しい友人を呼ぶ事は可能です。
いろいろな家族のスタイルがある中で、親族がそれほど多くない場合や親族同様の付き合いをしている友人や知人がいる場合にはそうした人を呼んで結婚式を執り行う事は珍しいことではありません。一生に1度の大切なセレモニーですので、大切に思っている人を招待することで、良い思い出にすることができます。
家族婚のプランを選択しても、基本的に招待する相手は自由ですのでその辺はあまり細かく決められているものではないです。コンパクトな結婚式になることが多いですが、基本的には温かみがあり家族の絆を深められる良い機会です。規模や金額にこだわらず、自分たちらしい結婚のスタイルを模索しているカップルに人気の方法です。

家族婚であっても好みの挙式スタイルの選択が可能

家族婚をするときにはどのような挙式スタイルが選べるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
新郎新婦の家族や身近な親族だけが集まる結婚式である家族婚は、一般的なウェディングと比較するとゲストの人数が少ないので挙式の際にできることにも違いが出てくると思われがちです。
しかし実際のところは挙式は他の結婚式と同様に、自分たちの好みに合わせて選ぶことが出来ることが多いです。
家族婚でも現代の日本ではチャペルで神に結婚を誓うキリスト教式や参列者が結婚の証人となる人前式、神社の神殿でおこなう神前式のいずれかの挙式スタイルがよく選ばれています。
どのようなスタイルで結婚式をするかは、新郎新婦2人の好みによるほか家族や親族の意向を考慮して決められます。
神前式はもともと家族だけでするものですが、ゲスト人数が少ない家族婚ではキリスト教式や人前式をする会場を決めるときには、広さと人数のバランスに配慮するのがおすすめです。

アットホームな家族婚ならカジュアルな会場も利用しやすい

新郎新婦と関係が深い家族や親族だけに集まってもらって、アットホームに結婚式をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
そういった場合にぴったりなのが家族婚と呼ばれるウェディングです。
これは通常の結婚式とは異なり少人数でするため、ゲストと新郎新婦の距離が近く肩ひじ張らない雰囲気のウェディングになりやすいというメリットがあります。
一般的な結婚式よりも、カジュアルな雰囲気で挙式や披露宴をしたいという人にも適しています。
家族婚をする際には、一般的な結婚式に使われている専門式場やホテルなどを利用することも可能です。
最近では少人数婚に対応しているところも増えているので、最低利用人数を確認の上でこれらの会場を利用するのも良いでしょう。
しかし、よりカジュアルな会場で家族婚をするのもおすすめです。
例えば結婚式が可能なレストランの全体や一部を貸し切り利用するカップルも多くいます。
また船を1隻チャーターして、船上で家族婚をすることも可能です。

少人数だけの家族婚でも結婚式らしい演出ができる

身近な人をゲストとして招待して家族婚をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
一般的に親しい身内だけの少人数でおこなうとなると、単なる食事会のようになってしまうのではないかと思われがちですが、少ない人数であっても結婚式らしい演出を取り入れることが可能です。
家族婚の挙式は一般的な規模の結婚式と大きく変わることは基本的にはなく教会式や神前式、人前式など新郎新婦の希望通りのスタイルですることができます。
大抵の結婚式では挙式後には披露宴をするのが定番の流れですが、家族婚の場合にも集まったゲストと一緒に小規模な披露宴や会食をすることが多いです。
単なる食事会にしないためには新郎新婦の入場から乾杯、歓談などをする中で結婚式に適した演出を取り入れることをおすすめします。
例えば新郎新婦による入刀セレモニーでの写真撮影、ゲストも参加するキャンドルリレーやマイクリレーなどは家族婚にも適しています。
両親への花束贈呈や手紙の朗読などもおすすめです。

家族婚は旅行先のリゾート地でするのもおすすめ

両親や兄弟姉妹、近しい親族などと一緒に家族婚をするなら思い出作りになるような機会にしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、旅行を兼ねて国内外のリゾートに出かけて家族婚をするのもおすすめです。
例えば緑が美しい自然豊かな高原や、明るい色合いの海の風景が楽しめる南国の観光地などといったところに出かけて、現地の結婚式場やレストランなどで家族婚をするといった選択肢が考えられます。
リゾート地で結婚式をすることで、空き時間には観光を楽しんで家族と思い出作りをすることができます。
両家のメンバー同士が自然に交流することができ、親しくなれるのも魅力です。
またこのような家族婚ではその場所でしか撮影することができない、魅力的な写真が撮れるというメリットがあります。
写真映えのする場所で結婚記念の写真を大切な人と一緒に撮ることができたら、長く手元に残しておきたい素敵な記念の1枚になる可能性が高いです。

家族婚を開催する時に最適なテーブルの配置

家族婚をすれば、少ない予算でも結婚式をすることができます。
式に出席するのは基本的に新郎新婦の家族だけなので、大きな会場を使用しなくても結婚式ができます。
小さな会場ならば使用料が安い場所も多いので、その分式を開催するための費用が安くなります。
こうした方法で結婚式を開催する時に注意しなければいけないのは、会場の配置です。
普通の会場よりも狭い会場を利用して式を開催する場合には、会場内に設置する設備にも工夫が必要です。
家族婚を狭い会場で開催する場合には、テーブルの配置もしっかりと検討する必要があります。
会場内のどの場所に配置するかによって、式のしやすさも大きく変わります。
小さな会場の中でテーブルをするために最適な場所は、結婚式の進行を妨げない場所です。
実際に結婚式を開催する時のことを考えながら配置を決めれば、最適な場所にテーブルを置くことができます。
テーブルの配置を決めると気には、出席者の席順を考慮することも重要です。

家族婚に関する情報サイト
今人気の家族婚って何?

当サイトは最近よく耳にする家族婚とはなにか、人気が上昇している理由や役立つ雑学をご紹介しています。一般的な結婚式とは異なったウェディングを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみて下さい。アットホームな雰囲気が魅力であるのが、家族を中心とした結婚式の特徴です。一人ひとりに感謝の気持ちを伝えることが可能な結婚式をしたい場合に向いているでしょう。気持ちが伝わる素敵なウェディングを希望する人におすすめできます。

Search